オナニーの見せ合い

彼女の家に行った時の事でした。「剛、オナニーの見せ合いしない。」いきなり彼女が言いました。最近付き合い始めた彼女は彼氏が出来るまでオナニーをよくしていたみたいでその姿を俺に見てもらいたいとずっと思っていたみたいです。こんなスケベな彼女と付き合うのは初めてだったので、嬉しくてオナニーの見せ合いをすることにしました。そして、クローゼットからいくつもの玩具を持ってきました。それを使って感じている姿を俺に見せてきました。俺は興奮して自分アレをたくさん動かしていると彼女が俺のアレにアイスを付けてきました。冷たい。
オナ電
縮こまると思いましたが、アイスを付けてすぐ彼女が俺のアレを舐めてきました。もうやばかった。なので今度は俺が彼女の体にアイスをつけて舐めました。今までに体験したことのないプレイに興奮してしまい彼女より先にイッてしまいました。恥ずかしくて、悔しかった。だから二回戦やろうと思っても勃ちませんでした。こんな俺の姿に彼女に悪いなと思ってしまい謝ると「私を見て興奮して勃たなくなったんでしょう。だったら気にしないよ。その代わり私のあそこを舐めて。」と、言われ今度は舌を使って彼女をイカせようと頑張りました。しかし、なかなかイッてくれません。いつも、オナをやっているせいか多少の感度ではビクともしない
と言われてしまいますます自信を無くしてしまいました。結局は玩具も使ってなんとか彼女に潮を吹かせる事まで出来ました。まだ付き合って日は浅いけれど、この先Hの努力が必要だなと思ってしまいました。
オナ電アプリ
エロチャット

テキストのコピーはできません。